株主優待券の正規の取得方法

- 株主優待券の正規の取得方法

株主優待券の正規の取得方法

旅行に行く際、航空券を出来るだけ安く購入したいと思う反面、やはりサービス内容は、格安航空会社よりもJALやANAなど大手行九九会社の方がいいと思っている人も多いでしょう。
では、ANAの航空券をお得に手に入れる方法の1つとして、株主優待券の取得方法について紹介します。

正規の取得方法について

株主投資をした経験がない人にとって、株主優待券という言葉は聞いた事はあっても、どうやって手に入れたらいいのか分からないという人も少なくないでしょう。正規のルートで取得する場合は、まず証券口座を作るところから始める必要があります。
証券口座を作り、ANAの株を購入するのです。株価は毎日、市場の中で変動し、2016年12月某日時点では、1株306円です。
そしてANAの場合は、最小購入単位は1000株となっているため、306円×1000株=306000円の投資資金が必要となります。
ANAの株を購入したら、これで優待はもらえるのか?というと、これだけではもらう事が出来ません。
優待とは、権利付き日に株を所有していて初めてもらう事が出来るモノです。
そのため、ANAの場合は、3月と9月の年に2回が優待月となっていて、その月の権利付き日の15時時点で株を所有していたら、優待が発行される仕組みとなっています。
仕組みと一緒に株主優待の取得方法と株主のリスクについても知っておきましょう。

株主優待券はお得なのか?

では、次に正規の取得方法で、株を購入し、優待が発行される事が決定したとしましょう。
権利付き日が過ぎた後は、株をそのまま所有しても、売却しても、どちらでも構いません。
もし、株価が購入した時と同じ306円で売却出来たとしたら、優待を無料でもらえた上に、配当金ももらえる事を考えると大変お得だといえます。ですが、先ほども言いましたが、株価は毎日変動します。
例えば12月ではなく、その2ヶ月前の10月に購入していれば、株価は269円の時があったので、株の売却益だけで3万円近い利益が出ます。
しかし、当然ながらその逆だってあるわけです。購入時よりも、株価が大幅に下がった場合、優待による50%割引チケットよりも、株で損失を出した金額の方が大きければ、お得どころか大損です。
そのリスクを把握した上で、株を購入するタイミングが、株式投資の難しさだと言えるでしょう。

  ≪ 前の記事: を読む  
△PAGE TOP

Copyright © 2017 大手航空会社の株主優待券を取得しよう!LCCとは違うお得な空の旅 All Rights Reserved.